2017年11月5日日曜日

DISH//北村匠海、生誕祭で20歳の誓い

スターダストプロモーション所属のダンスボーカルユニット・DISH//の北村匠海の生誕祭「20th Birthday Live -ハタチワタシ-」が11月4日(土)渋谷VISIONで行われた。


(資料提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ)

ステージにはバーテンダーが登場し、匠海をイメージしてその場で作ったオリジナルのバースデーカクテルを一口飲み、イベントはスタート。

(資料提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ)


 母親から20歳になった日に「育児満了のお知らせ」というメールをもらったというエピソードを話しながら、そんな母親に向けて1曲目『アンマー』を弾き語りで披露。

スクリーンに、現在開催されている個展の様子が映し出され、映像が終わると【匠海の弟さんから、手紙を預かっています】という文字が。
突然のことにびっくりする中、弟から兄匠海への感謝と家族愛あふれる手紙が披露された。
危うく泣きそうになったと言いながら照れた表情をみせる匠海。

(資料提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ)

その後、『恋人ができたんだ』高校生の時に聴いてから大好きになったという『16』、『東京一年生』を立て続けに歌い上げ、会場は、匠海の生誕祭らしくアットホームでほっこりする雰囲気に包まれた。

ファンからの質問コーナーを挟み、中学生の時に役者としてMVに出演したこともあるRADWIMPSの曲の中で、音楽が好きになったきっかけにもなったという 『セプテンバーさん』、匠海にとって暖かくて前向きな、明日へ背中を押してくれる曲という『サヨナラCOLOR』。そして最後に、今まで育ててくれた家族に普段言えない想いを込めた曲『家族の風景』を披露し、会場はこの日一番の盛り上がりとなった。

(資料提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ)

尚この日は2部もありそこではDISH//メンバーの他、スペシャルサプライズで俳優仲間として親交の深い「太賀さん、矢本悠馬さん」からのビデオメッセージも披露され、終始暖かい雰囲気に包まれたイベントは幕を閉じた。

【匠海コメント】
「歌いたい歌を歌って、みんなが笑顔になってくれて、そんなファンの方に包まれて
終始嬉しいイベントでした。これからも創作意欲を高めて、映像作品にも挑戦してみたいです!」

(資料提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ)

DISH// 日本武道館単独公演'17 TIME LIMIT MUSEUM(初回生産限定盤) [Blu-ray](B3ポスター付)
by カエレバ

コメントをどうぞ ※匿名可